「一つの意見に集約すべきでなかった」コロナ総括シンポで語られた重要な教訓

大阪大学主催の新型コロナ・パンデミックを振り返るシンポジウムで政府分科会の元メンバーが立場を超えて一致した教訓とは。
楊井人文 2024.02.04
読者限定

2月3日、大阪大学の主催で新型コロナ・パンデミックを振り返るシンポジウムが都内で開かれました。

昨年の「5類」移行まで政府のコロナ対策分科会メンバーを務めていた大竹文雄・同大特任教授(経済学)や、押谷仁・東北大学大学院教授(微生物学)らが登壇しました。

1年前に私のインタビューで「5類移行は遅い」と指摘した内田克彦・全国保健所長会長、政府の広告塔として感染対策の呼びかけを担ってきた忽那賢志・大阪大学大学院教授(感染制御)も登壇するということで、どのような議論になるのか期待していましたが、残念ながら論点が多岐に分散し、時間も短かったため、ほとんど実質的なディスカッションがなされませんでした。

ところで、ちょうど今は「第10波」で感染者が急増している最中ですが(東京都のデータ)、忽那さんも押谷さんも、その他に来場した著名な感染症専門家も、どなたも終始マスクを着用されていませんでした。

あの「コロナ禍」とは何だったんだろう、5類移行でウイルスが消えるわけではなく従来の対策は必要と唱えていたのは何だったんだろう、という思いを拭えませんでしたが、それはともかく、ディスカッションで非常に重要な教訓が一つ示されたので、書き残しておきたいと思います。

それはディスカッション終盤でのやり取りでした。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2309文字あります。

すでに登録された方はこちら

読者限定
ワクチン被害認定者へお悔やみ状 かつて送付も「今は送っていない」と武見...
サポートメンバー限定
中国人研究者が19年末にコロナ解析結果を米側に提供 WSJスクープを読...
読者限定
「岸田派解散」でメディアジャック 見過ごされた首相の問題発言
サポートメンバー限定
台湾総統選で「対中強硬派」レッテル貼り報道 何が問題か
サポートメンバー限定
台湾総統選まで3週間 最新情勢にみる政権交代の可能性
読者限定
【ニュースウオッチ9問題】BPO意見書に盛り込まれた重要証言 検証番組...
読者限定
【ニュースウオッチ9問題】BPO「放送倫理違反」の意見書公表 会見の質...
読者限定
Jアラート「ミサイル発射」は偽情報では?"大本営"発表に追随するメディ...